子どもが生まれたら

届け出・手続き

出生届

子どもが生まれた日を含めて14日以内に、出生届を提出します。
出生届は子どもの出産の状況を医師又は助産師又はその他の立会者が署名して出産の事実を証明するものです。
出生届の用紙は市役所・町村役場だけでなく医療機関でも受け取ることができます。

経済的支援

出産育児一時金

出産は病気で病院にかかる場合と違って健康保険が使えないため、全額自己負担になります。
まとまった支出となる出産費用の一部をまかなってくれるのが、「出産育児一時金」です。

児童手当

0歳から中学校修了(15歳になった後の最初の3月31日)前の子ども1人につき、手当が支給されます。
支給を受けるには申請手続きが必要で、原則として請求のあった月の翌月分からの支給となりますので、早めにお住まいの市町村にて手続きをしてください。

乳幼児医療費助成事業

乳幼児の保護者の経済的負担を軽減するとともに、乳幼児の福祉の向上を図るため、医療費の自己負担額の一部を助成する事業です。
県内に住所を有し、健康保険に加入している乳幼児が対象です。

相談窓口

小児救急医療電話相談事業

宮崎県では、休日等の夜間において、小児救急患者の保護者等からの電話による相談を毎日受付けています。
携帯電話からもご相談いただけます。