妊娠・出産・産前産後休業取得等を理由とする不利益扱い

妊娠・出産・産前産後休業取得等を理由とする不利益扱いの禁止

妊娠・出産・産前産後休業を取得したこと、妊娠中の時差勤務など男女雇用機会均等法による母性健康管理措置や、深夜業の免除など労働基準法による母性保護措置を受けた事、妊娠又は出産に起因する能率低下などを理由とする解雇その他不利益取扱は禁止されています。
また、妊娠中・産後1年間以内の解雇は「妊娠・出産・産前産後休業取得等による解雇でないこと」を事業主が証明しない限り無効となります。

リンク