子どもをまもる

児童虐待から子どもをまもる

児童虐待防止(児童虐待等死亡事例検証報告書の公表等)

本県で発生した児童虐待等死亡事件について、宮崎県社会福祉審議会児童福祉専門分科会措置・検証部会において検証が行われ、提出された報告書を公表しています。

児童虐待をみつけたら(児童虐待防止推進月間)

虐待から子どもたちを守るためには、地域の皆さんの気づきが大切です。日頃から子どもたちに関心を持ち「児童虐待では?」と感じることがあったら、お近くの市町村の児童福祉担当窓口や、県内3か所に設置されている児童相談所へご連絡ください。

子どもを守る制度や条例

里親制度

様々な理由により家庭で養育されることのできない子どもたちを里親が預かり、家庭的な雰囲気の中で養育していただくのが「里親制度」です。

宮崎県青少年健全育成条例について

青少年の健全な育成を阻害したり非行を誘発するおそれのある行為防ぎ、青少年の健全な育成を図ることを目的とした条例です。

子どもを守る相談窓口

宮崎県子ども・若者総合相談センター「わかば」

概ね30歳代までの子ども・若者の様々な悩みに対し、専門の相談員が情報提供や助言を行います。必要に応じて面談や出張相談、自宅訪問も行います。どなたからの相談でも受け付けます。一緒に考えていきましょう。

児童相談所

児童相談所は、児童(満18歳に満たない者)に関するいろいろな相談に応じています。 また、必要な調査、判定を行い、児童福祉施設への入所や児童またはその保護者への相談援助活動などを行っています。お気軽にご相談ください。