予防接種について

予防接種について

  • 乳幼児は病気、感染症にかかりやすく、かかると重症化したり、重大な合併症・後遺症などが生じる可能性があります。
  • 予防接種は、感染症に対する免疫をつけるもので、感染症から子どもの命を守るための非常に効果の高い手段の一つです。
  • 予防接種は、基本的にかかりつけの医療機関で受けます。 かかりつけの小児科医に相談して、計画的にきちんと予防接種を受けましょう。

予防接種を受ける時期

定期接種

国が受けるように勧めている予防接種で、推奨されている時期内であれば無料です。

予防接種の種類 予防接種の回数、期間など 望ましい時期
BCG 1回 生後5か月に達した時から生後8か月に達するまでの期間
ジフテリア
百日せき
破傷風
ポリオ
1期初回:3~8週間隔で3回 生後3~12か月
1期追加:1期初回終了後、6か月以上の間隔をおいて1回 初回接種終了後12~18か月後
2期:DT(ジフテリア・破傷風混合)ワクチンを1回 11歳
麻疹(はしか)
風疹(3日はしか)
1期:12~24か月に至るまで
2期:5歳~7歳未満で小学校入学前の1年間
※麻しん、風しんは、1歳になったらできるだけ早く受けましょう!
日本脳炎 1期初回:生後6~90か月に至るまで1~4週間隔で2回 3歳
1期追加:1期初回終了後、おおむね1年後に1回 4歳
2期:9歳~13歳未満 1回 9歳
Hib感染症 初回接種:3回
追加接種:1回
ただし、初回接種開始が7月を超えたとき、12月を超えた時は回数が異なります。
【初回接種開始時に7~12月】
初回接種:2回
追加接種:1回
【初回接種開始時に12月~60月】
1回
初回接種開始は生後2月から生後7月に至るまで
追加接種は、初回接種終了後7月から13月までの間隔をおく。
小児用肺炎球菌 初回接種:3回
追加接種:1回
ただし、初回接種開始が7月を超えたとき、12月を超えた時は回数が異なります。
【初回接種開始時に7~12月】
初回接種:2回
追加接種:1回
【初回接種開始時に12月~24月】
2回
【初回接種開始時に24月~60月】
1回
初回接種開始は生後2月から生後7月に至るまで
追加接種は、生後12月から生後15月に至るまで
ヒトパピローマウイルス感染症(子宮頸がん予防ワクチン) 3回
2価:13歳となる日の属する年度の初日から当該年度の末日までの間
4価:13歳となる日の属する年度の初日から当該年度の末日までの間
中学1年生(12歳~13歳)
水痘 2回 1回目の接種は生後12月から生後15月に達するまで
2回目の接種は1回目の接種終了後6月から12月までの間隔をおく
B型肝炎ワクチン 3回 生後2月から
平成28年4月1日以後に生まれた、生後1歳に至るまでの間にある者。初回接種から27日以上の間隔をおいて2回目の接種をする。1回目の接種から139日以上の間隔をおいて1回接種

任意接種

子どもの状態や家族の状況に応じて、できれば受けた方がよいという予防接種で、原則として費用は個人負担となりますが、接種費用の助成をしている市町村もありますので、詳しくはお住まいの市町村へお問い合わせください。

予防接種の種類 予防接種の回数、期間など
おたふくかぜ 生後12か月以後、2回
※保育所など集団生活に入る子は、早めに受けましょう。
インフルエンザ 13歳未満は毎年2回(1~4週間隔)
ロタウイルス 1価:2回(生後6週から24週までの間に2回接種)
5価:3回(生後6週から32週までの間に3回接種)
初回接種は生後8週から15週未満

リンク先

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。